こどもと大人の英語リーディング

子どもも大人も楽しめる英語リーディングをめざしています。

The Gruffalo's Child

こんにちは。

こどもと大人の英語リーディングのマリアです。

 

ほんとうにご無沙汰してしまいました。

もう1年たっちゃいましたね。

何はともあれ生きていました。

 

でも、毎日の生活に追われ自分を見失っていたかも…

この歳になると親の世話という人生の中でも最大のチャレンジを避けられなくなります。

自分自身もそちらの仲間に半分足を踏み入れている状態なのに。。。

 

 

英検ですか?

 

毎日勉強しているつもりでしたが、なんか無駄に時間を費やしているだけのようで実を結びませんねぇ。

 

でも何か形を残さねばと思い、昨年の10月に不本意ながら準1級を受けてみました。

中学の時、確か3級を取ったきりだったので(証拠は何も残っていないし、私のうっすらとした記憶だけですが)、とりあえず受けてみよっと、という感じで。

 

まかりなりにも英語を教えている身としては、受験会場のことや雰囲気ぐらい知っておかなきゃいけませんしね。

 

ここで豪語しちゃいますが、1次受験後は落ちる気が全くしませんでした。

楽勝ってやつですね、いわゆる。

 

結果は、

 

そう甘くはありませんでした。

英検バンドはそこそこでしたが、ぶっちぎり合格なわけありませんでした。

お高い鼻をポキリと折られた気分。

 

反省‼ 

 

謙虚な気持ちと日々の努力と研鑽 

 

今の私に一番必要で一番苦手な言葉ですが、いつも心に携えていきたいと思います。

 

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日はこれです。

ちなみに、前置きとは全然関係ありません。

 

The Gruffalo's Child

The Gruffalo's Child

 

 

 

表紙が、なんともそそりますよね。

この得体の知れない怪獣の絵。

怪獣ブースカっぽいかなぁ...

ん~、ブースカほど可愛らしくはないけど、愛嬌はあるかな。

ブースカは人間と共生していたけど、Gruffaloは人里離れた山奥にひっそりと生きています。

ちなみに、

        ブースカちゃん

f:id:englishakita:20190519113404j:plain

怪獣ブースカ とチャメゴン(?)

 

 

ところでこのお話、読んでみて 「なんか思い当たる」、と考えてみた。

そうか!!

「ふるやのもり」 だ!!

日本の 「ふるやのもり」 は、お話が終わりかなと思ったらさらに一捻りあって、

「そっちなのかい」 というオチがあります。

西洋版は普通に 「ひゃ~!!」 と驚いて 「以上。」 になります。

どちらがいいということはないですが、私としてはテーマが2つあって、騙されるのも二人(実際は一人と一匹)の日本版より西洋版の方がシンプルで好きです。

(正しくは、ふるやのもり は騙されるのではなく勘違いです。騙そうとする人はいません。)

 

絵がなかなかいいですし、Gruffaloは何作かあるので、いろいろ見てみたいです。

 

「ふるやのもり」 をご存じない人はぜひチェックしてみてくださいね。

 怖~い話ですよ。😱